揚げ物をして目が痛い原因と対策!目がしょぼしょぼする人必見!

家で作る揚げ物っておいしいですよね。

コロッケなんか安くで作れるうえに立派なメインになります。

ちょっともう1品ほしいなと思う時でも、揚げ物1つあれば食卓が豪華になります。

でもそんな便利でおいしい揚げ物を作るとき、目がしょぼしょぼしたり、

痛くなったりするときがありませんか?

子供のためにも揚げ物を作ってあげたいのに、目が痛くて作るのが嫌!

というあなたのために、揚げ物で目が痛くなる原因と対処法をお教えします。

 

揚げ物をして目が痛くなる原因は?

揚げ物をしていて目が痛くなるのはいくつか原因があります。

まずは、きちんと換気できているかどうかです。

 

揚げ物をしているとき、油は熱で蒸発します。

空気と一緒に油が舞い目に入ることによって目に痛みを感じます。

空気中に舞う油は当然目には見えないために、いつの間にか目に入ってしまい、痛みを感じます。

換気扇が油で汚れるのは蒸発した油が空気中を舞っているから油で汚れていくのです。

こういうことから、揚げ物をすると目に油が入っていることがわかると思います。

しかし、油が目に入っているとは思ってもいませんでしたよね。

 

次に古い油を使っていると目が痛くなります。

揚げ物用の油を1回ごとに取り換えるという方はあまりいないと思います。

何回も使用するためにオイルポットが存在するんですよね。

古くて酸化した油ほど目にしみます。

揚げ物をするたびに目がしょぼしょぼして痛くなるのは本当につらいですね。

あまりの苦痛に揚げ物をほとんどしないという人も中に入るのではないでしょうか。

でも家で作る揚げ物っておいしいんですよね…。

 

揚げ物をして目が痛くならないための対処法は?

揚げ物をして、目が痛くならないようにするためには、

目に油が入らないようにすることで、対策ができるのですが、空気中を舞っている油は、

目に見えませんのでどうやって防げばいいのかわかりません。

そこで、大切なのがしっかりと換気をすることです。

 

可能であればキッチンの近くの窓を開けるなどをすると蒸発した油は外へ流れていきます。

それにプラスして扇風機を窓に向かって付けるとより効果的です。

もし窓が開けられなくても、背中側から扇風機の風を送ることで、

換気扇がたくさん吸い込んでくれます。

 

この方法はホットプレートで目が痛くなる人にも向いていますよ。

我が家は古いホットプレートなので、目が痛くなりにくい人ですら、

しょぼしょぼしたり痛くなったりしてしまいますので、冬でも扇風機と窓を開けます。

このことから揚げ物で目が痛くなる人は、しっかり換気をおこなうことで、

目に油が入りにくくなり目がしょぼしょぼしたり痛くなったりもしません。

 

私の家はキッチン付近に窓が2つあるので、いつも全開です。

目が痛くなったりしたことはありません。

これで目がしょぼしょぼしたり痛くなったりすることはなくなると思いますので、

1度試してみてくださいね。

 

余談ですがどうしても1つ注意してほしいことがあります。

揚げ物の油が目に入らないために揚げ物に蓋をしてしまおうと考える人がいますが、

蓋をすると油の温度はぐんぐんと上がり、火災の原因にもなりますので、

絶対に揚げ物の時に蓋をするのはやめてくださいね。

 

揚げ物をして目が痛くなった時はどうする?

揚げ物をして目が痛くなった人は、目を洗うことで油を落とすことができます。

他には目薬をさしたり、目を冷やすことで痛みを和らげることができます。

もしも痛みが長く続くようでしたら、1度眼科を受診した方がよいですよ!

ちなみにドライアイの人は揚げ物で目が痛くなりやすいと言われています。

ドライアイの人はより気を付けて換気をおこない、

揚げ物で目が痛くならないようにしましょう。

 

まとめ

揚げ物で目が痛くなるには本当につらいですよね。

中にはお湯を沸かした時の蒸気だけでも、目がしょぼしょぼしたり痛くなったりする方もいます。

それほどに刺激を受けやすいと言えますよね。

そんな湯気でも痛くなる目に油が入ると考えると恐ろしいです。

1度ゴーグルをかけて揚げ物をしてみるとどれだけの油が空気中を舞うのかがわかります。

揚げ物が終わった後ゴーグルを触ると油でヌルヌルになっていますよ。

油を目に入れないためにしっかりと換気をおこないましょう。

タイトルとURLをコピーしました