七五三の千歳飴が食べたい!

年中行事

子供の成長を祝う「七五三」の風物詩となる千歳飴、

大人になったとしても食べてみたいですよね。

七五三に関わる知識と千歳飴の買える場所や、

上手な食べ方までご紹介します。

なぜ七五三祝いに千歳飴を起用したか?

あまり知られない豆知識もご紹介します。

スポンサーリンク

千歳飴を食べたいけどどこで売っているの?

千歳飴は今の時代神社やスーパーマーケットやコンビニでも、

七五三を祝う時期が来れば、店頭に並んでいます。

 

千歳飴は甘くておいしいですが、なぜ七五三には千歳飴と位置付けられたのでしょうか?

 

昔に遡りますが、昔は砂糖自体が貴重だった時代がありました。

千歳飴には大きくふくよかに健康に育ってほしいという思いが含まれています。

 

しかし、今の若いお母さんお父さんの中には、七五三を千歳飴で

祝う風習が少ない家庭は多いのではないでしょうか?

自分の子供の成長を祝う為、神社に七五三詣りをすれば確実に

千歳飴は手に入ります。

 

でも、なんちゃって七五三詣りだと千歳飴はもらえないので注意です!

私が子供の頃七五三をやった時は、なんちゃって七五三詣りでした。

ちゃんと祈祷してもらわずに、カランカランと鈴を鳴らして

手を合わせて記念撮影して終わり、という形だったんです。

ただ写真を見返すと千歳飴を持っているので、おそらく親が

スーパーなどで買ったのだと思います(笑)

 

千歳飴の上手な食べ方

千歳飴はそのままペロッと舐める食べ方をよくしますが、

衣装をべたつかせてしまいがち。

縁起ものである千歳飴は工夫一つでおいしく大人も楽しめます。

 

一般的なのは等間隔で切って少しずつ頂く方法、

家族で食べる場合も少しずつ食べる事が出来ます。

でも切らない状態で派手に舐める方法も千歳飴を食べる醍醐味です。

等間隔で切って食べる事で衣服の汚れを減らせます。

 

またユニークな食べ方をする方もいます。

千歳飴をミキサーで砕けばカレーのルーやビーフシチューの

とろみを効かせる隠し味になります。

また、ココアやコーヒーを甘くする為に使う事で甘く召し上がれます。

 

食べきれない千歳飴を砕き、砂糖の代用として使われると

大人もおいしく幼い時間に帰れますが、くれぐれも食べすぎにはご注意を。

まとめ

子供の成長を祝う「七五三」で飼う千歳飴、

実は大きいのですべてを食べないで捨てる方も多いのです。

「千歳飴は縁起ものだけど早く食べてしまわないと?」

悩まれているのなら簡単、等間隔で切って冷蔵庫へ入れておきましょう。

千歳飴は砕けば用途が多い砂糖としても使えます。

昔の思い出を感じられる千歳飴、もし食べる機会があれば

懐かしい思い出に浸ってみるのもよいでしょう。

 

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus