冬の北海道家族旅行!寒さ対策するならどんな服やグッズがいい?

お出かけ

家族旅行と言えば、目的地を決めたり季節を決めたり、出発前からドキドキワクワクですよね。

そんな時、服装選び困ったことありませんか?

 

天気予報などの情報を参考に準備するけれど・・・北海道って一年中過ごしやすいのかな?

夏は快適に過ごしやすそうだけど、冬は雪がすごそうなイメージなんだよね・・・。

他の地域と気候が全く違うのかな?

正直、服装選び悩みますよね。

家族旅行を楽しみたいので、冬の北海道旅行での寒さ対策できる服装とグッズについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

北海道の平均気温と寒さ対策服(男性・女性・赤ちゃん)

北海道札幌市の平均気温11月〜3月

北海道はとても広いです。

今回の目的地の札幌は、年間平均気温が約9°Cです。

11月~3月の気温は約5°C~-3.5°Cです。

 

住んでいる地域によって感じ方が違いますが・・・私の住む長野県は場所によっては冬は−10℃になることもあります。

それを考えると、思ったほど寒くないのかなと正直思ってしまいました。

 

 

参考にしたサイトがあるので、もし良ければ一度覗いてみて下さい。

URL:http://www.kuraso-hokkaido.jp/hokkaido_detail/temperature.htmlです

 

大人の防寒対策の服装は?

北海道の11月~3月は、とにかく寒いです。

 

11月:冷たい風が体の芯まで冷やし、最高気温が5°C以下が続きます。雪かも?と思ったら、いつの間にか本格的な積雪になることもあります。

12月~3月:完全に冬で、朝晩の冷え込みが毎日続きます。

 

北海道の方(道産子・どさんこ)は12月中旬まで薄着で過ごすそうです。厚着に慣れてしまうと、真冬に困るのが理由です。

ですが・・・北海道以外の場所から訪れる方たちは、しっかり防寒することをおススメします!

 

まずは男性の服装

家族旅行にスーツは必要ないかもしれませんが、冠婚葬祭で呼ばれる場合がありますよね?

スーツは秋冬物を!ジャケットの下にベストを着たり、冷え込みが厳しい時は、男性用のレギンスを穿くのもおススメです。

 

11月はインナーと薄手のセーター、インナーとシャツにカーディガンなどの重ね着がいいです。

パーカーなどの着脱しやすい服装で重ね着するのも便利です。

 

12月になったら上着をしっかりしたものに変えていきます。

風を通しにくい裏地があるナイロン製の上着や、厚手の綿コートがおススメです。

 

顔周りは帽子などで防寒し、靴下は厚手の素材のものを選ぶと暖かくていいですよ。

11月から雪が舞い散る北海道は、靴も冬用で!

滑りにくいタイプのものを履きましょう。

 

女性の服装

男性の所でも言いましたが、スーツの場合は秋冬用を着ましょう。

 

11月~12月は、インナーはヒートテックなど暖かい系の機能があるものを選びましょう。

インナーと薄手のセーターやインナーにシャツとカーディガンなど2~3枚の重ね着がおススメです。

タートルネックも、防寒対策になりますよ。

 

上着は厚手のものがおススメです。

丈の短いパンツは足首を冷やしてしまいます。タイツを履くなどの対策をしましょう。

タイツもストッキングではなく60~80デニール位のものを選びましょう。

 

靴は冬用のもので暖かく、帽子やマフラーにストールなどの小物でしっかり防寒対策しましょう。

体を冷やさないようにしましょうね。

 

赤ちゃんや子供の寒さ対策の服装は?

赤ちゃんや子どもって、暑いのか寒いのかうまく言葉にできない時ってありますよね。

子ども達の顔の表情から、どんな状態なのか大人が判断するしかありません。

 

せっかくの家族旅行で風邪をひいた・・・体調が悪くなったなんてことになったら大変です。

悲しい思い出にしないためにも、子ども達の防寒対策もしっかりしましょう。

 

トップスは長袖が基本ですが、もとから暑がりの子どもには、少し短めの七分袖がおススメです。

ですが、旅行の目的地は“北海道”です。念のために長袖も持っていくといいと思います。

重ね着で上手に調整することも大事ですね。

足首の冷え対策としてタイツもおススメです。それでも足が冷たい場合は靴下の重ね履きをして下さい。

 

子どもにも帽子や手袋があると安心です。

赤ちゃんのカバーオールも、ズボンタイプのもので足先を包み込めるのでおススメです。

冬によくもこもこのカバーオールを着ている赤ちゃんを見かけませんか?

あれだとしっかり防寒もできるし、何より可愛くておすすめです。

本当にぬいぐるみみたいで可愛いですよね(^ ^)

 

靴も防寒対策のものを履くようにしましょう。

幼児はうまく体温調整ができないので、大人が注意を払って旅行を楽しんで下さい!

 

スポンサーリンク

北海道の寒さ対策グッズ・おしゃれに工夫するなら!

北海道の寒さ対策グッズ必需品はこの6つ!

夏とは全く違う世界が楽しめる冬の旅行は今から楽しみです。

寒さに慣れている地域から出発の方は大丈夫だと思いますが、寒さに敏感な方は服装以外の持ち物が気になりますよね?

荷物は少し増えてしまうかもしれませんが、おススメのグッズはこれです!

 

・カイロ

張るタイプとポケットなどに入れるタイプの二種類があると便利です。

 

・スマホ操作が出来る手袋

観光地に行ってスマホで写真撮影する方が多いと思います。

操作するたびに手袋をはずしたりしていては、手が温まりません。

手袋をはめたままでスマホ操作ができるので便利です。

 

・ニット帽や耳あて

冬は耳が冷えすぎて痛く感じるので、あると便利です。

 

・マスク

風邪予防以外にも、マスクをすると顔周りが覆われて暖かくなりますよ。

 

・防水スプレー

雪を防げる上着を着ていても、長時間雪の下にいると服が濡れて体が冷えてきます。染み込みを防ぐのでおススメです。

 

・かばん

荷物を入れて持ち歩くには、ある程度の容量のかばんがあると便利です。雪を払いやすいナイロン素材がおススメですが、皮のかばんが必要な時は防水スプレーを忘れずに!

 

北海道の寒さ対策グッズおしゃれに気を遣うなら

楽しみな家族旅行♪

写真もたくさん撮ると思います。

撮ったのを見たときに「あ~なんか違う」と、思ってしまうかもしれません。

 

おしゃれもしつつ防寒対策できたらいいな~と思いますよね?

防寒対策もできるコーデがあればいいですよね?

 

・ニット帽や耳あて、マフラーやストールは色使いで違った印象に見えます。

お揃いの素材で統一するといいかもしれませんね。

耳あては首の後ろからかけるタイプのものがおススメです。帽子との併用もでき、折りたたみも可能なので持ち運びに便利です

女性が耳あてをするなら“白色”がおススメです。可愛らしい印象を与えますよ。

 

・手袋は防水加工されているものやミトンタイプが可愛いです。

防水防寒機能のあるスキーやボード用の手袋もありますが、わざわざ旅行にはめていく?と思われそうです。

風邪を通しにくい防水タイプもおススメです。

 

ちなみに…北海道民はダウンを着ないって本当?

意外でした。

寒い地域なので着ているイメージがあるのですが・・・。

どうやら理由があったみたいです。

 

ダウンを着て出かけると動きづらいみたいです。

そして、建物の中では暑くなり持ち歩くと荷物になってしまいます。

これが原因らしく、北海道の方は年代によって違いますがダウンを着ないらしいですよ。

 

 

まとめ

出発の地域によっても違いますが、北海道の冬を侮ってはいけません。

寒いよりも冷たくて痛いです。

そこまで防寒しなくても・・・と思うかもしれませんが、せっかくの家族旅行を台無しにしないためにも服装選びは重要です。

荷物が多くなってしまうかもしれませんが、出発前の準備をよく考えて、家族旅行を楽しんできてくださいね。

寒くなることを頭の片隅に置いて、準備することが大切です。

冬の北海道でしか体験できない事、美味しいものや観光地たくさんの楽しい事がきっと待っていますよ。

すてきな思い出を作ってください。

気を付けて行ってきて下さいね♪

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus