カニカマは筋肉をつけるのにちょうどいい!オススメのレシピ集!

日々の暮らし

スーパーにいつでもお得な値段で並んでいる「カニカマ」

このカニカマの隠されたパワーをご存知ですか?

実は、たんぱく質が豊富で、運動後30分以内に食べると筋肉をつけるのにちょうどいいんです!

今回は、そんなあまり知られていない魅力を持つ「カニカマ」についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

なぜカニカマは筋肉をつけるのにちょうどいいの?

カニカマの成分について

あるカニカマ商品1袋10本入り70gの成分内訳です。

エネルギー 62kcal
たんぱく質 8.1g
脂質 0.3g
炭水化物 6.7g
食塩相当量 1.6g

ご覧のとおり、カニカマにはたんぱく質が豊富に含まれているんです!

筋肉をつけるのにたんぱく質は必須なので、手軽に食べられるカニかまはちょうどいいというわけです。

具体的な原材料について

・カニエキス

カニカマは蟹の身とは違うよなと思っていましたが、ちゃんとカニエキスは入っているんです。そのため、お子さんなどカニやエビなどの甲骨類アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

・魚のすり身

主原料は魚のすり身、主にスケトウダラが使われています。

「カニかまぼこ」というぐらいだからかまぼこと同じなんですね!

・卵白

つなぎと、カニカマの白い色を出す役目をしています。

・でんぷん

かまぼこの弾力成分の役目を担っています。

・着色料

カニカマ表面の赤色に使われています。

主にトマトとパプリカの色素であるリコピンが使われています。

リコピンは肌や血管の老化防止作用が期待されます。

・調味料

塩や調味料はカニカマの味付けに使われています。

 

スポンサーリンク

おすすめのカニカマ料理

カニカマと大根のマヨサラダ

カニカマをお好みの分量割きます。

大根は細切りにします。

それとマヨネーズ、塩、こしょうを合わせるだけ!

少し時間を置くと大根がしんなりして、カニカマとよく合っておいしいですよ。

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus