羅漢果(ラカンカ)は砂糖代わりになる?別名モンクフルーツ!

羅漢果(ラカンカ)という植物をご存知ですか?

とても甘みが強く、砂糖の代わりにもなる植物なんです。

今回は、そんな「羅漢果(ラカンカ)」の特長や効能、食べ方まで幅広くご紹介します。

今流行りのロカボダイエットを始めとしたダイエットとも相性がいいんですよ!

アメリカでも「モンクフルーツ」という名前のスーパーフードとして注目を浴びています!

 

スポンサーリンク

羅漢果(ラカンカ)とは?

羅漢果(ラカンカ)の原産地は、中国広西チワン族自治区で、

ウリ科ラカンカ属の多年生つる植物です。

漢字の名前からして中国の植物かなと想像できますよね。

果実は直径4~6cmの丸い形で、色は緑色、見た目は青梅によく似ています。

とても甘く、こくのある独特の風味が特徴です。

残念ながら日本では、茶色の乾燥したものかエキスしか手に入りません。

 

羅漢果(ラカンカ)の特長とは?

羅漢果(ラカンカ)の特長は、なんといってもその甘みです。

その甘さはなんと!砂糖の約300倍もあるんですよ!

そのため、ダイエット中の人や糖尿病の人にもいいんですね。

 

 

スポンサーリンク

羅漢果(ラカンカ)の食べ方は?

羅漢カはどうやって食べるのがいいのでしょうか?

 

 

羅漢果(ラカンカ)が使われた商品

ラカントS

サラヤ株式会社の商品に「ラカントS」というものがあります。

 

 

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus