エアコン掃除は意味ない?しばらくしてない人必見!

日々の暮らし

エアコンを掃除するのは面倒ですよね。

それに結局は一生懸命清掃グッズを揃えても

「どうやってやればいいの・・・?」

もちろん、説明書をしっかり読んだうえで始めればいいのでしょうが

一歩間違えたら壊してしまいそう・・・・でちょっと仕切りが高いですよね。

それでも、できる最小限のことはしないと・・・・ちょっと困ったことが起きてしまいます。

エアコンを掃除しないとどうなるのでしょうか?

面倒だからほっとくと・・・今回はエアコンの掃除のことについて

シーズン前にお話しておきますね。

 

スポンサーリンク

ずっとエアコンの掃除をしなかったらどうなる?

エアコンフィルターから臭いがする

暫くエアコンフィルターを掃除しないと、動かすと嫌な臭いがします。

 

実はエアコンを動かして匂いを感じたらちょっと問題なのです。

この匂いの原因はズバリ、カビとホコリが原因です。

エアコンフィルターはカビやホコリの温床であり、知らず知らずに

身体に良くない空気を吸うことになってしまいます。

エアコンって部屋の空気を上から吸い込み、フィルターを通してホコリやゴミを取り除いています。

エアコンフィルターを外したことがある人はご存知だと思いますが

ホコリや小さなゴミが大量についてますよね。

そのホコリやゴミにカビが生えるという訳です。

そのまま、長時間放置すればカビが発生して

その汚いフィルターから汚い空気が排出されてその中で生活していることになります。

 

エアコンの利きが悪くなる・電気代が高くなる

エアコンが汚れていると電気代が高額になる場合があります。

それは、フィルターの汚れによって温度、風量が弱まってしまうからです。

フィルターが汚れていると、設定した温度で風が放出されにくくなります。

そのため「温度を下げているのに涼しく感じない」

「設定温度が高いのに暖かくない」といった現象が起きてしまいます。

また、フィルターが汚れていると風量が弱くなり、送り出される風も少なくなります。

そのため、なかなか冷えずに冷房の温度設定をさらに下げてしまいますよ。

稼働時間も長時間化してしまうことが少なくありません。

こんな状態では想像は付くとは思いますが、電気代が高額になってしまいます。

最悪、中には清潔な状態のエアコンと比べると

1.5倍もの電気代になっていることもあるとか・・・・

エアコンの効きが悪くなった、電気代が高くなった、

そんなときにはエアコンの汚れが原因かもしれませんね。

 

アレルギー症状を発症する

エアコンの汚れによるリスクの一つが「アレルギー症状の発症」です。

内部が汚れたままエアコンを使用すると、内部のホコリやチリが吹き出し口から放出され

空気中にこれらが飛び散り、それを吸い込んで咳、くしゃみ、鼻水などの

アレルギー症状を発症することがあるのです。

さらに症状が深刻になると「結膜炎」「皮膚疾患」といった症状になることもあります。

に、小さな子どもがいる家庭の場合は「小児喘息」の原因になることもあるため

清潔な状態を保って使うよう十分に注意すべきですよね。

 

エアコンの故障につながる

エアコンの汚れは故障にもつながる場合もあります。

ホコリやチリがエアコン内部で増えると、精密部にホコリが入り込んで壊れてしまうこともあります。

思わぬ出費を防ぐためにも、定期的にエアコンクリーニングを行うほうがいいでしょうね。

 

色々お話してきましたが、自分で出来る最小限な事とは言え

フィルターの掃除をまめにしておくだけでも

エアコンの利きを良くして、カビ防止になるようですから実行すべきでしょうね。

 

スポンサーリンク

エアコンクリーニングの効果は?どれぐらいもつ?

1度エアコンクリーニングしたら効果が持つのでしょうか?

ズバリ、エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回がベストです。

フィルターの掃除を全くせず、夏や冬の時期に1日中エアコンをガンガン

使用していた場合だと、フィルターが汚れて本体にも影響がでる場合があります。

 

もちろん、掃除の頻度は使用頻度によって左右されます。

「数年に一度だけクリーニングを依頼する」という方がいますが

これはあまり好ましくないです。

エアコンフル稼働になる「夏」「冬」に使用頻度が高い人は

最低でも1年に1回はエアコンクリーニングをすると安心して使えますよ。

 

エアコンクリーニングはいつ頼むのがいい?

では、エアコンクリーニングはいつ頼むのがいいのでしょうか。

エアコンクリーニングの最適な時期・・・・それは冷房を使い始める前なのです。

だいたい梅雨の時期から冷房を使い始める方が多いいと思います。

フル稼働する前にきちんとクリーングしておくのがお勧めなのです。

 

ですから、5月から6月頃がクリーニングするのがいいですね。

実は、エアコンが汚れることでカビが繁殖するのは冷房を使った時だけなのです。

暖房を使ってもカビは繁殖しません。

※最近の高気密住宅で加湿器を常に付けていて湿度を高くしているような部屋は別ですが。

 

ですから夏のシーズンが始まる前にクリーニングするのが一番です。

5月のゴールデンウイーク辺り衣替えと一緒にエアコンクリーングもして

スッキリ猛暑に備えてみてはいかがですか!?

きれいにならなかったら全額返金!【エアコンクリーニング】

 

まとめ

年々、夏の暑さはエアコンなしでは乗り切れないほどの猛暑になってきています。

年配の方が風邪が苦手とか、足元が冷えるのが嫌といって

エアコンを使わないで熱中症で救急車で運ばれた・・・

なんていうニュースが多いいですよね。

エアコンのフィルターをこまめにお掃除し燃費を上げることで

電気代も節約できますし効きが良くなります。

また、エアコンを付けた時もしも変な匂いがしたら!それはカビ!

カビは咳やアレルギーも発症しますからやはり、

掃除なんて面倒くさいと言わずに上手にエアコンクリーングを利用して

爽やかな風で夏を是非乗り切ってみてくださいね!

コメント

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus